比較

現役風俗嬢が教えます♪ 失敗しない高収入風俗求人、アルバイト店舗の選び方 

初めましてこんにちは!このサイトは『風俗のお仕事をしてみたい』という女性をサポートするための情報を掲載しています。

「風俗のことがよく分からない」「やってみたいけど不安が多すぎて…」と悩んでいる皆さんの力になれればと思います。私も今でこそ現役風俗嬢として活躍出来てますが、最初は右も左も分からない素人でした。

このサイトでは新人のときに「早く知りたかったな」と思っていた情報を書きました。多分私のような悩みを持っている女性、意外と多いと思うんですよね。「ネットで調べても情報が多すぎて分からん笑」という状態でしたし。

要するにこのサイトは、風俗をやってみたいという女性に対して、「風俗の今」を分かりやすくまとめたものです。ここに書いてあることだけで風俗のことが全て分かっちゃいます。もちろんメリットだけでなく、デメリットも紹介していきますよ。

最初に結論を申し上げると、風俗の仕事は「本当に割が良く、稼げる仕事」です。お店の方針とあなたの考えがマッチすれば、これほど幸せなことはありません。そのためお店選びは非常に重要だということが言えます。

それでは、風俗の仕事からお店選びのコツまで、分かりやすく解説していきます♪

 

風俗求人の店舗選びが重要なわけ

風俗に限った話ではないですが、同じ職種でも働く職場・店舗によって待遇が天と地ほども違うというのは社会人あるあるです。特に風俗は業態や店舗の違いにより、働きやすさがかなり違います。実際に働いてみる前にこのことはきちんと覚えておくべきでしょう。

しかしここからが難しい所です。風俗業界の超優良店だからといってあなたがそこで快適に満足に働けるとはかぎりません。それはなぜでしょうか。答えは風俗業界の業態の幅広さにあります。業態の種類については後ほどきちんと説明します。

まず私が声を大にして言いたいのは、事前に自分が何を求めているのかをきちんと整理しておくことが重要だということです。大まかには、ドカンと大きく稼ぎたいのか自分のペースを崩さず効率よくお金を稼ぎたいのかに分けられるでしょう。

 

風俗業態の種類・プレイ内容について

風俗店業態・プレイ内容目安一覧

店舗種類 キス 男性に触る 男性に触られる 本番行為

高級ソープ

あり

あり あり

あり
(ほぼ中出し)

大衆ソープ

あり

あり あり

あり
(ゴムあり)

デリヘル あり あり あり なし
ホテヘル あり あり あり なし
快感エステ オプション あり なし なし
イメクラ オプション あり なし なし
ピンサロ なし あり なし なし

風俗店月給目安一覧

店舗種類 平均月収 最低月給 最高月給
高級ソープ 180万円 100万円 300万円
大衆ソープ 80万円 30万円 150万円
デリヘル 50万円 10万円 100万円
ホテヘル 50万円 10万円 100万円
快感エステ 20万円 5万円 50万円
イメクラ 20万円 5万円 50万円
ピンサロ 5万円 2万円 20万円

 

あくまで目安ですが、この表は初めて風俗の仕事をしたい女性にはかなり参考になると思います。まずはこの表を見て自分が働きたい店舗業態を選びましょう。

まずプレイ内容ですが、下に行くほど軽めのプレイになっています。ピンサロであればカフェで働く感覚で働けちゃうのでやりたい女性も多く、給料もそれほど高額とはいえません。全体的に出来るプレイの幅が広がるほど、体力も使うので収入が増える傾向にあります。

収入面ではソープはやはり別格です。お客さんに最高のサービスを届けるコンセプトですので、小遣い感覚というよりはガッツリ稼ぎたい人にオススメです。

デリヘル・ホテヘルから月給50万円超えが見えてきます。これはOLではとても稼げない金額です。大手企業の管理職クラスですから、まず20~30代では無理でしょう。暮らしも華やぎ、一気に別世界の住人になれます。いわゆるセレブの仲間入りです。しかし、これが風俗の一般的な稼ぎともいえます。

一体どんなハードなことをさせられるのか…。と私も思ってました。けれどもそれは杞憂に終わりました。正直に申し上げると思っていたほど大変でなかったどころか、想像よりもはるかに楽でした。まぁこれは私が自分にマッチした店舗を見つけることができたからです。

それでは次からは各風俗業態の具体的な特徴を説明します。メリット、デメリットもしっかりご確認くださいね。

ビガーネット関西

稼げる風俗求人検索サイト「ビガーネット関西」はこちら

 

ソープランド

キングオブ風俗と言われるソープランド。先程の表を見てもらえばわかるとおり、報酬も別格です。理由は風俗で唯一本番行為を行うからです。

しかし法律的に本番行為で報酬を得ることは当然認められていません。なので「お風呂屋さんでお客さんと恋人関係になってしまった。その結果本番行為になった」という建前のもとに成り立っています。

本番がソープの特徴ですが、他にも泡で男性の体を洗う洗体や、ローションを全身に塗ってプレイするマットプレイもします。

プレイ技術を習得する必要がある分、報酬も多いということになってます。また、20歳以上でなければ働くことができません。高校卒業と同時に働きたいと思っている方は注意が必要です。

メリット

  • 風俗の業態の中で一番稼ぎが良い
  • 効率的に稼げる

デメリット

  • 高級店の採用基準が高い
  • 本番行為による性病のリスクがある

 

デリバリーヘルス・ホテルヘルス

通称・デリヘル、ホテヘルと呼ばれています。本番行為無しのヘルスサービスを提供します。キス、フェラ、全身リップ、素股(男性器を股にはさみ圧迫・摩擦するプレイ)が基本サービス。他の業態と比べると素股を行うというのが特徴的です。

サービスを行う場所はホテル・お客さんの自宅などです。プレイは店舗ではなく派遣先のホテルなどで行います。1プレイ60分。太客をつかむことができれば金額も安定して大きく入るので人気があります。

メリット

  • まとまった金額が稼げる
  • 1人接客なので自分のペースを保ちやすい
  • プレイ前にシャワーを浴びるので衛生的
  • 広い場所(ベッド)でプレイに没頭できる

デメリット

  • 移動の手間がある
  • お客さんと長時間二人きりになる
  • 長時間対応になるので会話が苦手な人は少し苦痛
  • 盗撮などのリスクがある

 

店舗型ヘルス

プレイ内容自体はデリヘル・ホテヘルと同じです。違いはプレイを行う場所です。店舗型ヘルスは文字通り店舗でサービスを行うので、安心感があります。しかしその分、自由は少々きかなくなるともいえます。

メリット

  • まとまった金額が稼げる
  • 移動距離がないのでデリヘルよりも効率的に稼げる
  • プレイ前にシャワーを浴びるので衛生的
  • 広い場所(ベッド)でプレイに没頭できる

デメリット

  • 集客の面で不利になる
  • 長時間対応になるので会話が苦手な人は少し苦痛

 

ピンクサロン

通称ピンサロ。フェラを中心に、キス、乳首舐め、手コキ等のサービスを行います。

サービスは店舗の中のブースでします。カーテンや低めの壁で仕切られており、遮音性などは低いです。しかし薄暗い照明と大音量のBGMがかかっているという環境なので、他のブースが気になる事はあまりありません。

またシャワーが設置されてないので、消毒液のついた布などでお客さんの局部や自分の体を拭きます。30分1プレイが多く、回転率が良いので数をこなせば稼げる金額も増えます。

メリット

  • ボーイが近くにいるので何かあったらすぐに対応してもらえる
  • プレイ時間が短いのでコミュ力が低くても大丈夫
  • 照明が暗いため、妊娠線、リストカットがあっても採用されやすい
  • 回転率が高いため効率的に稼げる

デメリット

  • 回転率が高いので疲れる
  • 性病のリスクがある
  • シャワーがない

 

性感エステ

アロマオイルやパウダーを使い、お客さんの全身や性器周辺をマッサージします。一般的な男性専用のエステと異なるのは、エステの最後に手コキをするということです。フェラをするかは店舗ごとに方針が異なります。

サービスは、店舗型・受付型(受付を対人でした後、近くのホテルでプレイ)・派遣型の3種類があります。受付型、派遣型の店舗が多いです。

メリット

  • 性病リスクが低い
  • エステ技術を身につけることができる

デメリット

  • スタイルに自信のある人が多いため、体型に自信のない人は採用されにくい
  • ソフトな内容のため、近くにボーイがいないことが多い

 

オナニークラブ(オナクラ)

お客さんのオナニーを見る、または手伝いをする仕事。コースに分かれており、自慰を見るだけ、手コキ、辱め、痴漢、デート、3Pコースなどがあります。最低限手コキはあると思っておいて下さい。

オナクラは自分の自慰を見られて興奮するM気質の男性が多く通います。そのため言葉責めができると需要が高まります。

メリット

  • 性病リスクが低い
  • 手コキすらしなくてもいい店舗もある

デメリット

  • Sっ気がない人は少々厳しい
  • ソフトな内容のため、報酬が少ない

 

風俗店業態の選び方

ざっと一通り説明してみました。風俗店の業態が大まかに理解できたかと思います。プレイがソフトであるほど収入は低くなりがちです。ここからはもう少し細かく分析していきましょう。業態選びがいかに重要かを説明します。

 

体力の問題

風俗を始めたい理由として「楽して大金を稼ぎたい」という人が多いです。ただ「楽かどうか」は人それぞれ感じ方が違います。力仕事や立ちっぱなしの接客業を経験してきた女性であれば、風俗の接客など朝飯前に思うでしょう。しかし、人と話さずPCを入力する仕事や、内職程度の仕事しか経験したことのない人にとっては長時間の接客が地獄に思われます。

応募の前段階から希望の職場の業務内容を把握することがいかに大事か分かると思います。

まずは自分が複数人の接客や、回転率の高いお店での接客が向いているかを考えてみましょう。

 

プレイ内容について

ピンクサロンであればフェラと口内発射が普通だったり、ヘルスであれば素股、ソープは挿入と、営業業態によりプレイ内容は大きく異なります。どこまでが許容範囲か考えてから応募すべきです。

とはいうもののです。働く前から限界を決めることが良いことかは様々な意見があります。つまり挑戦する前から「これはできる」「これはできない」と決めつけることが果たして正しいのか。ということです。

ソープであれば覚えることも多く、プレイ内容も軽くはありませんが、体力的な面で言うとそこまでキツイものではありません。接客人数がそれほど多くないからです。逆にピンサロなどソフトプレイと言われるお店の方が、プレイが軽い分回転率を要求されるのでツライという声はよく聞きます。

つまり何が言いたいかと言うと、「実際に働いてみなければ分からない」ということです。

これは全てのことに当てはまりますが、とりわけプレイ内容にこそ顕著です。

恋人とエッチするのと、一日に何人ものお客さんとエッチするのでは何もかもが違います。しかし働いてみる前から決めつけるのも考えもの。プレイ内容について制限するのは後回しとしておいたほうがいいでしょう。

 

稼げるかどうか

一番気になるのは収入でしょう。一般の仕事ではとてももらえない金額を稼ぐことができることこそが風俗の一番の魅力だからです。

まずは自分が働きたい店舗でしっかりと目標とする金額を稼げるかシミュレーションしてみましょう。また稼ぎがよい店舗で働くことになったとしても、風俗は人気商売ですので指名数が増えなければ目標額を下回ることになりかねません。お店によっては辞めさせられることもあります。

写真指名や本指名が増えれば目標額よりずっと稼げます。しかし、それは簡単なことではありません。たとえ容姿が良くても接客態度が良くなければ人気はなくなります。よくあることとして、実は容姿よりも愛嬌の良い子がよくトップになっていたりします。

どこの店でもトップがとれる自信があればいいのですが、大抵の女性はそこまでの自信はありませんしそれが普通です。「稼ぎたい」という強い思いがある場合、ある程度単価の高い業態に行くことをオススメします。

 

指名されない

先ほども記述した通り、お客さんに指名されなければ当然収入は増えません。いかに自分のファンを増やすかということを考えていかなければなりません。そこで肝となるのは業態・店選びなのです。自分のセールスポイントを理解し、それがお店にとってマッチするかどうかを考えなければなりません。

例えばぽっちゃり専門店にガリガリで胸のない子が働いたとしても、ナンバーワンはかなり難しいでしょう。ぽっちゃり専門店に通うお客さんのニーズと大きく異なるからです。例えばラーメン店がクレープを売り始めたとしても、普通は売れませんよね。ラーメン店に通うお客さんはクレープが食べたい訳ではないからです。当たり前の事です。

同じようにコスプレ専門店でコスプレが嫌いな子が働く事もすすめられません。ですがコスプレ好きで、アニメや声優に詳しいという趣味がある人は、積極的に応募するべきです。

風俗店には多種多様な専門店があります。コスプレ・熟女・ぽっちゃり・メイド・SM・ギャル…と、ここには書ききれないくらいジャンルの幅が広いのです。

私のオススメとしては人気店でそこそこ指名がくるランクを狙うのであれば、いっそのこと専門店で上位を狙うべきだと思います。風俗業界は入れ替わりが激しいため、ただ可愛いだけでは埋もれてしまいがちです。他人にはない自分の特技や特徴があれば、是非積極的に売り出してみましょう。

 

自分ができそうなプレイとは

働いてみる前からイメージしにくいのがプレイ内容だと思います。そのためいくつかのシミュレーションを用意しました。自分に当てはまるものがないか参考にしてみて下さい。

 

「男性経験が少ないからフェラも怖い。手だけならいいかも…」

オススメは「オナクラ」です。風俗の中で最もハードルが低い業態と言えるでしょう。最初からハードプレイのお店に行くことはあまり勧められません。

ただ稼ぎたいという強い意志があるのなら話しは別です。ソープやデリヘルの門を叩くのもいいでしょう。その際ほとんど男性経験なしということを伝えましょう。太客がついてくれるかもしれません。

 

「フェラは抵抗ないけど、会話がちょっと苦手」

オススメは「ピンサロ」と「性感エステ」です。この2つは会話が得意でなくてもプレイに集中することで成り立ちます。マンツーマン接客の店舗もありますので、そのようなお店を探しましょう。

 

「風俗経験者。稼ぎたいけど本番NG」

オススメは「デリヘル」「ホテヘル」「店舗型ヘルス」です。

ソフトサービスの店とは稼げる金額が違います。60分という時間で落ち着いたサービスができるのもヘルスの特長です。

 

「風俗経験者。ゴムありなら本番OK。がっつり稼ぎたい」

オススメは「ソープ」です。本番ありですがゴムありであれば性病のリスクもデリヘルなどとそれほど相違ありません。最も効率的に稼ぐことができます。

 

店舗選びの注意ポイント

どこでサービスを行うか

プレイをどこで行うのかもきちんと把握しておくべきでしょう。

ピンサロ、店舗型ヘルス、ソープなどはボーイが近くにいる環境でプレイすることになり安全です。変なお客さんを避けたい、盗撮などのリスクを負いたくない人は店舗型にしたほうがいいでしょう。

盗撮などは犯罪ですので、犯罪事実が認められた場合、デリヘルのお店側もしっかりとした対応をしてくれます。過度に心配する必要はないかもしれません。

自宅から出勤可もあるなど比較的勤務体系が自由なのがデリヘル・ホテヘルの特徴。副業もしやすいので、自由を求めるのであればこちらを選んでも良いでしょう。

 

店舗の所在地

店舗のエリアも気になる所です。風俗は自分の通常隠してる部分をさらけ出す仕事なので、身バレを避けたいという人がほとんどです。できるだけ親しい友人・家族・知人には知られないような場所で働きたいものです。

自宅・学校・職場に使い場所は避けましょう。普段の行動エリアは避け人通りの多い繁華街にある店舗が良いでしょう。木は森に隠せと言われるように、大勢人がいる繁華街の方が郊外の店舗よりも案外バレないものなのです。

働きたい風俗店を探す時、まずは業態よりも優先的にエリアを絞るべきでしょう。そこから求人サイトで複数店舗をピックアップし応募しましょう。

 

風俗店の面接に至るまでのよくあるパターン

店舗の選び方については大体分かってきた感じではないでしょうか。風俗店で働く際は求人サイトを見て、自分で応募するのが間違いの無いパターンです。理由は自分で勤務先が選べるからです。スカウトだとこうはいきません。以下のような例があります。メリット・デメリットを見ていきましょう。

 

繁華街でスカウトに声を掛けられる

「高収入のアルバイト、やってみない?」と声を掛けられ、ついていくと風俗のスカウトだったというパターンです。

「私がスカウトされた選ばれた人間」なんて思いがちですがこれは大きな間違い。なぜでしょうか。路上スカウトは女性を無理矢理風俗で働かせようということしか考えてません。「お姉ちゃんが可愛かったから声掛けたんだよ」と御託を並べますが、基本は嘘八百です。

風俗の路上スカウトには気をつけましょう。デリヘルは個人でも簡単に開業可能。その数は無数にあります。もちろん女性の管理も適当。給料未払いのトラブルもよく聞くので、求人サイトに掲載されているお店を選んだ方が安心です。

 

ツイッター、フェイスブックなどSNSから勧誘される

ほとんどの人は無視してると思いますが、SNSには勧誘メールがひっきりなしに届きます。

そこに返信すると実際にスカウトに会う事になり、勧誘されます。明らかに怪しいので、返信せず無視しておくのが良いでしょう。

 

ガールズバー・メイド喫茶の偽求人に騙される

ガールズバーやメイド喫茶が求人を出しているように見せかけ、実際は風俗が求人を出しているというパターンです。

もちろん採用されると風俗店で働く事になります。

こちらは完全に詐欺です。「詐欺だ」ってブチ切れて帰ればいいのではと思いますが、騙す側もかなり慣れている上に、対策もしているので逃げ出すのは簡単ではありません。

しかし、求人を見分けるポイントがないわけではありません。異常に高額の報酬が書いていたら要注意です。こういう店は仮にうまいこと条件があって働いたとしても、待遇面が良くない場合がほとんどです。詐欺をする会社なのですから当然と言えば当然なのですが。

風俗で働きたいという場合は「ビガーネット関西」のような公に周知されているメジャーな風俗求人サイトから応募するようにしましょう。

 

風俗店の公式サイトから応募する

公式サイトからの応募が最も安心かと思いきや実はそうでもないのです。理由はとても簡単です。自分にとって都合のいいことばかり書いてあるからです。

百貨店でもブランドショップでも何でもいいので、世の中の企業の公式サイトをイメージしてみて下さい。自分達が作った商品の悪い所をあえて書いているところはないですよね。テレホンショッピングでもそうですが、商品の宣伝をしたいのに悪い所をあえて言うと逆効果になってしまいます。

「このセーターは素敵なデザインですが1ヶ月着ると毛玉が目立ちます」「ここの百貨店は大人気でいつも混雑していますがホームレスの集団が来店しています」。

それが事実だとしても、公表する必要などまったくありません。犯罪に問われることも世間から非難されることもありません。だとしたらわざわざ公式サイトに書きませんよね。

しかし消費者としては「知りたかった」ことであります。つまり、そういうデメリットが公式サイトからでは判断できないのです。

風俗求人サイトであれば、複数店舗の情報を簡単に見比べられるほか、当然求人サイトを運営する担当者のチェックも入ってます。対応が悪い店や、嘘の高額報酬をうたう店、詐欺まがいのことをしている店はもちろんアウト。風俗求人サイトに掲載されることはありません。

 

オススメの方法・求人サイトの活用

スカウト、偽求人、公式サイトが怪しいものが多いということは分かったかと思います。では、何を信じればいいの?という話しになるでしょう。

私のオススメは風俗求人サイトの活用です。それなりに老舗で名の知れたところであればより信頼できます。私のオススメは「ビガーネット関西」です。

サイト運営者が取材した風俗優良店のみを紹介。検索機能も充実しているほか、各店舗ページには担当者によるコメントも掲載されているので信頼度が段違いです。

ビガーネット関西

稼げる風俗求人検索サイト「ビガーネット関西」はこちら

 

面接・体験入店について

風俗求人サイトも閲覧し、ある程度店舗が絞り込めたところかと思います。最後は面接、そして体験入店についてです。

やはり初めて風俗業界で働くのであれば、なおさらミスマッチを防ぐために体験入店は必須といったところでしょう。

体験入店はマッチした人材を確保したいお店側と、自分に会う店舗を探している女性と双方にメリットがあります。

そこで仕事内容が続けられそうか判断しましょう。できれば体験入店したその場で判断するのではなく、一旦返事を持ちかえって自身の決断で決めましょう。風俗の仕事は高収入でマッチさえすれば居心地の良い職場ですが、どうしても合わないという場合は無理して働く事はありません。

不安が残るという場合は別の店舗に応募し、体験入店してみることをオススメします。

 

お店の雰囲気について

仕事内容に問題がなく、担当も感じの良い人でしたら、次はお店の雰囲気をチェックしましょう。

キャスト同士の付き合いはどんな感じか、ボーイの対応は親切か。客層はどうか。などです。自分が働いていけるかを基準にして見てみるべきでしょう。

店舗の外観や内装は二の次で、最も重視するべきなのは人です。一緒に働きたいと思う人たちかどうか。明らかに意地悪な対応をされたなど、不安点があるならやめておいたほうがいいでしょう。

ここで店舗の豪華さやオシャレさは何の意味もありません。お金さえかければいくらでも取繕える部分だからです。世の中のブラック企業といわれる会社も、オンボロ社屋の会社より、むしろずっとスタイリッシュな建物の企業の割合のほうが多いのです。

本当の実情は入ってみなければ分かりませんが、できるだけ質問をたくさんし、自分に合うか調べる努力をしましょう。

 

給料・勤務日数・保証額について

最後は細かい部分をしっかり確認しましょう。自分の契約がどういうものかは、もしものためにしっかりと把握しておくべきです。まずは求人サイトで掲載されている条件と違う部分がないかしっかりと確認しましょう。

「サイトに書いてある待遇でよろしいですよね」と一言聞くだけでいいです。不安ならば後日メールなどで聞き、証拠を残しておくのもいいかもしれません。

というのも、風俗の求人の中には「本指名を○本獲った場合の金額です」「保証額は週に何日勤務した場合」など、実は細かく注釈がついている場合があります。このようなケースはよくあります。

そこできちんと理由を説明してくれる店舗であれば優良店ですので、信頼してしもいいでしよう。問題はサイトに記載がないことを採用連絡後に急に伝えてくる場合です。

それでも自分で納得が出来るのであれば入店してもいいのですが、「あれ?なんかおかしいな」と思ったら、別の店舗を検討したほうが良いかもしれません。これは私の実体験です。

最初から不信感を抱いたまま働いてもろくなことはないのです。一番大切なのは、自分自身が説明に納得できているか。そこが一番大事なポイントです。

 

まとめ

失敗しない為の風俗店選びについて解説しました。いかがでしたでしょうか。初心者の方に役立つ情報を中心に、お店選びに迷っている方にとっても参考になればと思って、今回書いてみた次第です。

私自身もまったく分からない状態から風俗の仕事をはじめました。今こうして説明できるのも数々の失敗を乗り越えてきたからだなーと思うと、少し感慨深いものがあります。

特にお店選びは苦労しました。一回で希望のお店に辿りつくのは難しいですが、事前情報がきちんとあれば可能だったなと今にしてみれば思います。やはり情報は大事ですよ。

風俗の仕事は本当に信じられないような金額を短期間で稼げてしまいます。

特にソープとヘルスはリスクもありますが、一度くらいは挑戦してみる価値が十分にあるといえます。

風俗の仕事は体力的にも精神的にも楽な仕事では決してありません。しかし店舗選びさえ間違わなければ、天国に変わります。周囲のスタッフが優しかったり、突発的に発生したプライベートなことでも真摯に相談に乗ってくれる。そんな店舗を探してみるのもいいかもしれません。

まずは寝転がったりリラックスしながら風俗求人サイトを見てみましょう。そこにはお店の情報だけでなく、先輩の体験談、担当者からのアドバイスなど勉強になることが様々あり、参考になりますよ♪

ビガーネット関西

稼げる風俗求人検索サイト「ビガーネット関西」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です